注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

〜北海道旅行 2019年1月 トマムリゾート編①

気になっていた星野リゾートTOMAMU。1月後半の金曜日〜月曜日の2泊3日で行ってきました。今回は公式サイトから(例年9月以降発売みたいです)リフト滞在券付き(航空券付き)プランにて申し込みました。事前にスキーなどの大きい荷物は事前に宅急便にてホテルまで発送済みです。

出発

JAL 503 HND 7:30 →CTS 

新千歳空港に到着し電車までの時間があるので少し腹ごしらえ。

五十七番寿し

新千歳空港2階にあるお土産コーナーの近くの立ち食いスタイルのお寿司屋さん。カウンターにタッチパネルがあり注文するスタイルです。寿司には醤油がかかってきた状態で運ばれてきます、決してお安くはないですがとても満足のいくクオリティです。是非時間がある際は立ち寄ってみてください。

赤身がしっかりしていて肉厚。

生うにはとろけるような美味しさです。つい食べ過ぎちゃいました。

トマムへ移動

トマムリゾートまでは特急を使ってJR特急スーパーとかち、JR特急スーパーあおぞら、レンタカー、バスなどいろいろな手段がありますが、今回はJR特急を使って向かうことに!

新千歳空港にて行き帰りのチケットを購入。(トマム駅は無人駅でチケットを買うことができないため往復で買うことをお勧めします)指定席は時間がよめないので自由席を!

新千歳空港から南千歳は快速エアポートで3分ほど!

特急スーパーとかち

4両編成で自由席は1両だけ!電車をまっている所から激混みです、電車に乗車するも座る所がないくらい人がいました。大きな荷物を持っての電車移動は不可能に近いですね。

途中席が空いたので運良く座れました。

途中風情のある景色がみえ北海道の広さを感じます。

トマム駅へ到着

南千歳から70分ほどで到着します。

改札も何もない無人駅です。電車の到着に合わせてそれぞれのリゾートの送迎バスがあるので乗車します。

フロントにてチェックイン!フロントの近くには宅急便の受け取りカウンターもあるので荷物を受け取りカートに乗せ部屋まで移動します。

ツインの部屋を予約していたのですが、「空きがあったので少し広めの部屋をご用意させていただきました」とグレードアップ!

部屋に到着

ベットが4つあるファミリールームです!やや古い印象はありますが、角部屋ということもあり満足です!

隣のタワーも見えます。

部屋からの景色も最高です。

天気がいいので着替えてホテル前のリフトに乗りホタルストリートへ移動。

2017年12月に完成したとても綺麗な施設です。スキーを履いたままアクセスできるのはいいですね。

遅めのお昼ゴハン

つきのというハンバーガーやさんで遅めのランチ。

ハンバーガー

もちろんスキーブーツのままお店に入ることができます。

ナイターまで滑って満足です。

部屋で休憩して夜はアイスビレッジへ移動。ホテルから結構距離があるので辿り着いた頃はヘトヘト(ホテル内はシャトルバスがぐるぐるしていますが、わりと行列ができていたりするので徒歩を選びました)

アイスビレッジ

宿泊者の方は無料で入場できます。

氷のshop

ショップ・バー・協会と見所沢山です!私たちは洋服にダウンで行きましたが、全身ウエアーで行った方が楽しめると思います!夜のアイスビレッジは想像以上の寒さです。

建物の中は比較的暖かいのでかき氷なども販売しています。焼きマシュマロが大人気でした。

全部が氷でできているので感動です。

フォトスポットもたくさんあります。インスタ映え間違いなしですね。

氷の中に入っているウエアかわいいですよね。近くで本物のウエアの販売もあります。更衣室ももちろん氷でできていました(笑)

氷の教会

一般見学の時間が決まっています!

幻想的です。もちろん階段から全てが氷ができています。1日に数回実際に結婚式も挙げられており結婚式に合わせて花火もあがります!!

氷のBar

お目当ての氷のBarへ。

氷の上にたくさんのお酒が並んでいます。これだけでテンション上がりますよね。

ソルティードックを選びました。こちらのグラスは部屋に持ち帰ることも可能です。記念に持ち帰りましたがすぐに溶けてしまうので置いて帰るのがいいと思います(笑)

椅子には薄い座布団がありますが、冷えるのでひざ掛けがあると便利だと思います。こんなに素敵な空間ずっといたいと思いますが、マイナス20℃〜30℃の世界。寒くて長居はできません。

1日1組限定で宿泊もできるようです。

次回トマム2日目に続く。